IMG_1131

【活動日誌】ガチ勢のためのハントクック攻略法


どうも、タカハシヨウです。

突然ですが本日はジビエ専門レストランを経営するスマホゲーム「ハントクック」の私なりの攻略法をお伝えします。

 

ただし、これはガチ勢向けです。

軽い気持ちで遊んでいる人には何の参考にもならない情報を多分に含んでおります。

まずはガチ勢のための心得をご紹介しますので「そこまではできねぇよ」とドン引きした方は引き返してください。




心得

1. 生活を犠牲にしろ!
ハントクックは所謂放置ゲーと呼ばれるジャンルのものですが、ガチでやろうとすると放置する暇などありません。また、時間経過によって貯まるハントポイントを無駄にしないように夜中に何度も起きるくらいの覚悟が必要です。

2. 息をするように課金しろ!
ハントクックは課金をしなくても楽しめる素晴らしいバランスになっています。しかしガチ勢たるもの状況を有利にするアイテムがあれば課金してでも手に入れるべきです。お金がない人は食費を削ってでもハントクック内で料理しましょう。

3. たった一つの食材にもこだわれ!
ハントクックは料理のゲームということで食材の入手が大きな鍵になります。「1つ足りない」に泣くことがないよう、常にがめつく、1つでも多く獲得しましょう。本業より真剣に取り組むくらいの姿勢で臨むべきです。

 

以上のように、ハントクックを極めるのは緩慢な自殺です。

自分の生活や体調が大切ならガチ勢になるのは避けるべきです。

(誤解のないようにお伝えしておくと普通に遊ぶ分にはとても楽しくて体にも優しいゲームです。ぜひゆるゆるとでも皆さんに楽しんでいただきたいと思っています。悪いのは私の考え方です)

 

さて、この心得をきちんと刺青し終わったら具体的な攻略法に進みましょう。

 

○ 下準備

以下の要素を課金によって解放します。ちなみに課金せずとも結構な量のダイヤは手に入りますのでなるべくそれで補うのもいいことです。

・ 煮る料理のコンロを9個に
・ 焼く料理のコンロを9個に
・ 加工料理のコンロを4個に
・ その他の料理のコンロを6個に
・ 癒しアイテムを3つ揃えてハントポイントの回復時間を30分に
・ センパイベスト以外のきせかえを全て揃える

また、以下の要素を売上やチケットを使って揃えます。

・ てんちょーのスタミナをレベル10に
・ 室温管理機以外の調理器具をレベル10に
・ くくり罠(猪用)をレベル4〜5に
・ ハントアイテムを可能な限り強化。特に鹿とカンガルーが重要

 

これらがガチ勢にとって必要な装備です。これらを揃えるためにガチ勢になる必要があるので鶏が先か卵が先かみたいな話になってきますが、とにかく順次揃えましょう。

 

○ 食材の獲得

肉はハントによって入手します。罠は基本的にあてにしません。

なぜなら罠はくくり罠のハズレで引く大豆を狙うのが目標になるからです。

そのためくくり罠のレベルを上げすぎてはいけません。ただし、猪肉の需要は高いため4か5あたりまで上げておくのも大事ではあります。

 

問題は肉以外の一般食材です。

ハントで狙って得られる肉とは違い、一般食材の入手は基本的にランダムです。

ハント時にベジ爺やカタギさんから特定の食材をもらえることはありますが、こちらもある程度ランダム要素が絡むのであまりあてにはできません。

 

一般食材の入手は能動的かつ継続的に使える手段、つまりてんちょーを走らせることによって入手します。

金の骨や放置によって得られる食材だけではとても足りません。

自分が生きている限り常にてんちょーを走らせるくらいの気概で臨んでください。

 

チケットやダイヤによって店長のスタミナをマックスまで鍛えれば20秒で回復するようになります。

拾いに行くモーションに5秒ほどかかりますが、店長を撫でまくることで若干回復を早めることができるので実質18〜19秒に一回拾いに行けます。

つまりハントポイントが回復する30分の間全力でやれば90回ほど走らせることができます。

てんちょーはいくら走っても死なない無敵の犬なので殺すつもりで働かせても大丈夫です。

 

ここでてんちょーが拾ってくる食材の確率分布、期待値などをご紹介します。

2016年11月現在の最新バージョン、そのバージョンにおける最大レベルである60の状態でのデータです。たったの3000回しかメモしていないので不正確な部分もあるでしょうが、目安として使ってください。

スクリーンショット 2016-10-26 20.11.50

見ての通りかなりの偏りがあります。特にジャガイモは抜き出ています。

アチーブメントを全てクリアした後のお宝と骨は何も意味がないのでハズレになりますがどちらも結構高確率です。

基本的には需要と出現率が比例しているのですがいくつか例外があります。

 

需要に対して少ないもの
・ 大豆
・ 米
・ しょうが
・ にんじん

需要に対して多いもの
・ じゃがいも
・ 小麦
・ 松茸
・ トウガラシ
・ 山椒

 

絶対に余るものを売って足りないものを購入するという方略を取れば所持金を減らすことなく揃えられます。

ただし、食材はショップで買うとかなり割高です。

例えば大豆1個の価値は本来11円なのですが、ショップは足元を見てくるので10個購入するのに700円かかります。考えなしに購入しているとどんどん損してしまいます。

しかし時間=価値となるこのゲームでは食材がないから料理できないという時間も損です。

なのでコンロの価値を算出し、「この場合は買ってもいい」という法則を見つけましょう。

 

 

○ コンロの価値

以下がほぼ全料理(加工料理の一部を除外)の所要時間と価格、時間あたりの利益一覧です。調理時間は全設備を揃えた場合を採用しています。

スクリーンショット 2016-10-26 20.19.56

スクリーンショット 2016-10-26 20.20.36

スクリーンショット 2016-10-26 20.21.58

※ サブオーダーは本来の価格の1.65倍で売れます。なのでこちらで売ることを前提とします。

 

この表から算出したコンロ1つが1分間に生み出す利益の平均値を算出しました。

煮る料理:43.231円/分
焼く料理:72.333円/分
その他の料理:120.033円/分
加工料理:362.687円/分

この内、特に大豆不足のあおりを受け煮る料理に注目してみましょう。

コンロは9個。全部稼働させれば1分で389.079円、30分で11672.37円の利益を生み出します。

もしたかだが700円の大豆のためにコンロを止めたら大損する可能性があるのです。それなら余った食材を売って700円稼ぎ大豆をさっさと購入した方がいいのです。

 

ただしこれはあくまで平均値です。

料理や状況によっててんちょーを走らせて大豆を獲得するまで粘った方が得な場合もあります。なので

1.食材が足りないばかりに空いてしまうコンロの数
2.作る料理の1分あたりの利益
3.足りない食材の価格
4.てんちょーが拾ってくる確率や期待値

などを考慮し、買った方が得かどうか常に計算するのです。

これがガチ勢のプレイです。もちろん計算している間もてんちょーは走らせましょう。

そしてプレーヤー自身も常に張り付いてないと計算が成り立たなくなるので常にハントクックを起動させておきます。仕事や学校は辞めた方が効率的です。

 

 

○ 計算

それでは実際に計算してみましょう。

 

鴨ネギ鍋を1つ作りたいのに大豆が1つ足りない場合(他に何も作れない状況)

大豆は本来11円。しかし店で買うと10個で700円なので店を利用すると690円損します。

てんちょーは大豆を4つずつ拾ってくるので1回でも当たればokなのですが、

その確率はわずか2.5 %、30分当たり(90回当たり)の期待値は8.6。

単純計算で1回拾ってくるのに14分かかります。

煮る料理のコンロを1つ14分使用しないのは605円の損失です。

690円 > 605円ということでてんちょーに拾ってきてもらった方が計算上はマシということになります。

 

ただし、これはずっと張り付いててんちょーを走らせた場合の理想値であり

他の作業を2~3分やるだけで逆転してしまいます。

鴨ネギ鍋の利益は2584円と大豆を買ってもなお得なので他の作業が忙しいタイミングなら買ってもいいかもしれません。

また、拾ってきた大豆以外の食材を売れる場合(売却はスタックごとなので99超過分がある場合)は

1分あたり117.8円の利益を出せるためコンロ損失分を補填できることもあります。常に何がいくつあるか把握しておきましょう。

また、今回は他に何も作れない状況を想定していますが、

大豆より買っても損失が少ない食材(例えば牛乳の損失は380円で済む)で他の料理を作って時間を稼ぎ

その間てんちょーを走らせて大豆を狙うということも可能です(牛乳→ホワイトソースで8分稼げる。期待値で言えば大豆は2.2個手に入る)。

などなど様々な要素が絡み合ってくるのでデータを生かして常に正しい判断を下しましょう。

考えている間もてんちょーを休ませてはいけません。

 

 

 

もっとシンプルな作戦「カンガバンガ法」

ややこしい計算などやってられない、という方のために一応ご紹介します。

ただしあまりお勧めしません。ハントクック本来の楽しみ方ができなくなる戦略だからです。

ただし効果は絶大なので、上に挙げた戦略をこなしながらも余力がある場合に平行して行うと良いでしょう。

 

カンガバンガとはカンガルー肉を使った加工料理です。

加工料理は調理時間に対する利益がとても高いですが、短時間で大量の食材を消費するため作り続けるのは不可能です。

しかし、カンガバンガさえあれば加工料理のコンロを常に稼働させることが可能になります。

 

カンガバンガの調理時間はデフォルトで7分と加工料理の中ではもっとも長いです。

それでも時間あたりの利益は栗きんとんに次ぐ2位。

しかもカンガルー肉以外の食材を使いません

ハントポイントが貯まるまでの30分間、コンロ3つを使って9個作るのにかかるのは21分。

1つにつきカンガルー肉を4つ消費するので36つ必要ですが、カイリーのレベルを上げれば十分手に入ります。

 

残った時間は罠で取れたイノシシでベーコンを作ったり、肉を必要としないコーンピザを作るためにチーズを準備したり、栗きんとんを作ったりで埋めます。またくくり罠で時々得られるうさぎ肉も利用できます。

 

そして全て食料庫から売るのです。サブオーダーの1.65倍補正がなくなりますが、それでも30分で10000円以上稼げます。

 

加工料理以外の全コンロを常時フル稼働させておけば30分平均で52818.830円得られるのですが、これはあくまで24時間張り付いて一切の無駄がなかった場合の理論値であり、どんなガチ勢でも人間である限りは不可能な数字。しかも肉も一般食材も足りなくなって維持は困難です。

そのため安定して30分で10000円というのは実はかなり優秀な数字なのです。

 

ただし、初めに述べたようにこれではレストランを運営するというハントクック本来の楽しみができません。

ただのカンガバンガ屋さん、そしてカンガバンガ製造作業ゲームになってしまいます。

「ハントポイントが余ったらカンガルーを獲りに行こう」くらいに止めておくのがベターかと思います。

 

また、この方略への対策なのかカンガルーを獲る武器・カイリーは他と比べて異常な高額になっています。

そこにお金を回すくらいなら調理器具を鍛えて待ち時間を減らしたほうがハントクックを楽しめるのではないでしょうか。

 

 

○ まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

ガチ勢の心得だのなんだの宣ったり、途中かなりややこしい話になったりしましたが、本来は楽しくやるのが一番だと思います。

私のように行き過ぎてハントクックをやるために苦しむことに楽しみを見出してはいけません。

結果私も楽しんではいるのですがこのままではいけないという危機感はちゃんと残っています。

この記事を書くのも別にお金をもらっているわけではないので、この時間で作曲とかした方がよかったなぁとも思っています。大丈夫です。

また課金せよとも言いましたが無料でも全くストレスなく楽しめる仕様になっていますので、未プレイの人はぜひこの機会に始めてみてはいかがでしょうか。

ダウンロードはこちらから

 

ちなみにこのゲームにはフレンド機能があります。指定した食材を獲得できたりするので大豆フレンドを作るのがとても有用な攻略法だと思います。私は一人もいません。

大喜利集団ドングリとエビクラゲ代表。
メンバーたちがふざけやすい環境と企画とファイトプランを作る。
ミュージシャン&作家。家の裏でマンボウが死んでるPとしても活動。