twitter

【活動日誌】第5回エビクラゲTwitter大喜利回答紹介 ~中国語は海を渡るか~


今年の4月に活動を再開した我々、先日満を持して通算5回目のTwitter大喜利を開催することができました。
なんと今回はパワーアップし、YouTubeチャンネルでのライブ放送も同時にしていまいました。
例えるならたった一つの石だけでネギをしょった「盆と正月」を捕獲する、そんな状況ですね。

 

Twitter大喜利自体は前回の開催から早2年半。

当時14人体制であったモーニング娘。’17は、紆余曲折ありながら2019年6月にモーニング娘。’19として14人体制へ戻っているのでした。
(参考:wikipedia モーニング娘の歴史)

 

さて下の公式アカウント然とした上機嫌な告知とともに幕を開けた第5回エビクラゲtwitter大喜利。
事情により計測できませんでしたが、体感で20000件以上の回答が集まる盛況ぶりでした。

 

 

この記事では優秀回答とそうでない回答とを紹介していきます。
今回のお題はこちら

まずはエビクラゲメンバーの答えを見てみましょう。

 

ドリアン

今は生まれてすぐ一回打てばいいらしいです (2005年までは幼児期・小学生・中学生の3回)

 

参考:トリバゴ

 

せわし

30年後、パパはソフトウェアの外装のニックネームに過ぎません

 

あお

当然物件選びも様変わりしています。

 

こまっつー

こまっつーは珪藻土バスマットに東急ハンズよりも熱をあげている一般人として有名です

 

タカハシ

代表は間の悪いことに奇病に罹ってしまっていました

 

たくあん

iPhoneの機種のモデルチェンジスピードが指数関数的に上昇しているようです

 

またここから多機能化の一途をたどったiPhoneに人間が支配される未来が顔を覗かせはじめます。

 

タグマ

完全に養ってもらい、たまに贅沢をさせて頂いているようです

 

人間の服が「カバー」と呼ばれるようになっています

 

iPhoneによる圧政は言論の自由を奪い、

 

我々にできるのは媚びることのみなのでした

 

 

リスナー優秀回答のコーナー

というわけでここからはリスナーの皆様に頂いた回答から、エビクラゲメンバーセレクト回答を紹介していきたいと思います。
(エビクラゲ大喜利における優秀さは年収の多寡と相関しません)

 

【原賞】

サイボーグ手術により寿命はなくなりました。
YouTubeライブでは「保険適用外でお金が払えないからではないか」という意見もでました

 

【こまっつー賞】

30年後でもちょうど気が触れています

 

【ドリアン賞】

「ずるいはずるいな~」という感想が上がっていました、次回から禁止です

 

【タグマ賞】

iPnoneの軍勢がAndroid狩りをする光景がありありと浮かびます
ライブでは「ドロイドくんの絵を踏まされる」という解釈が繰り広げられました

【エビクラゲ賞】

twitter大喜利に自前のフリップで絵回答をする気概、絵のキモさに惹かれて
生放送内で10分近くイジリ倒させていただきました

 

YouTubeライブという試み

さて、今回は初の試みとしてYouTubeライブとTwitter大喜利の同時開催にチャレンジしました。
みなさんの大喜利の回答をリアルタイムで深読みし、大勢でしごきまわすのが趣旨でした。

参加くださった皆様、貴重なギガをありがとうございました。
初のライブ配信、お聞き苦しい点もあったかと思います。
我々そして皆さんの今後のため、YouTube生放送のtipsをまとめておきます。

  • 開始直後タグマ(現在中国語圏在住)の仕事の電話が3分間垂れ流される
    =>中川家のモノマネはほとんど本物、これからはもっと笑えそう
  • 回答を考えている人間はしゃべれないので、投稿組、回答をいじる組に分かれる必要がある
    =>人は二つのことを同時にできない
  • Youtubeのコメントでリスナーの方とコミュニケーションが取れる
    =>いい

 

最後に一点お詫びをさせてください。
今回せっかく恥を忍んで #エビクラゲ大喜利 でネットの海に放り込んでいただいた回答が、
一部検索にかからない事態がありました。

本番の倍に及んだ雑談反省会も空しく、特に原因の特定に至っていません。
この点は次回の課題としたいと思います。

twitter大喜利、エビクラゲメンバーの承認欲求が続くかぎり(≒永遠に)催し続けます。
それでは


○セワシ
ドリアン 人しか知り合いがいないのにボケるために途中加入してきた勇者。
独特の視点でなされるコメントは他のメンバーの回答に彩りを与える。
童顔だが頭髪の在庫が怪しい。

とは大学のゼミが同じ。
タグマノブも同じ学科だがほぼ話したことがなかった。
すでに馴染みに馴染んでいる。


セワシが登場する記事 & ラジオ一覧はこちら