メンバー紹介

○タカハシヨウ
タカハシ喜利集団ドングリとエビクラゲ代表。
ミュージシャン&作家(http://death-manbo.com)。
メンバーたちがふざけやすい環境と企画とファイトプランを作る。

タグマとの一夜の大喜利が結成のきっかけ。
、タグマ、たくあんあお馬クソは高校の部活の後輩。
イノワキドリアンとも同じ高校らしいがよく知らない。
タグマが連れてきたノブセワシはもっと知らない。
面白ければなんでもいいやと、この活動を通して知り合う。


タカハシヨウが登場する記事 & ラジオ一覧はこちら


○イノワキ
イノワキがしさを担当する切り込み隊長。
勢い任せなせいか回答を読み間違えるなどの凡ミスが多い。
社会が抱える矛盾・理不尽や、女子大生を皮肉ったネタを得意とする。

タグマドリアンは高校時代の友人。
あおたくあんと同じく元サッカー部。
ノブとは一緒に自動車教習所に通った。
タカハシは高校の先輩だが在学中に絡みなし。

 


イノワキが登場する記事 & ラジオ一覧はこちら


○タグマ
タグマ 特の言語センスからメンバー内の流行を生み出す教祖。
即興に強く、フリップには何も書かずにとりあえず挙手する。
流れやルールがあるととにかく壊したくなる病気にかかっている。

タカハシとの一夜の大喜利が結成のきっかけ。
イノワキドリアンは高校時代の友人。は高校の軽音部の先輩。
たくあんとは同じバンドだった(パートはボーカル&ギター)。
あお馬クソは軽音部の後輩。
ノブセワシとは大学で知り合う。

タグマが登場する記事 & ラジオ一覧はこちら


○馬クソ
馬クソ 神が瓦解しているのではと周囲に思わせる論理破綻系のネタを扱う。
その狂いっぷりは「どのお題でも回答が一緒」と評されるほど。
年齢的には下の方だが暴走する年上たちを諌める。

タカハシたくあんタグマは高校の軽音楽部の先輩。
あおは同期で今もバンドを続けている(パートはボーカル&ギター)。
イノワキドリアンとはエビクラゲ結成前からtwitterで大喜利をしていた。
ノブともやっていたが結成後に初めて会う。


馬クソが登場する記事 & ラジオ一覧はこちら


○たくあん
たくあん ーソドックスで安定した大喜利が特徴。打率が高い。
そのデブから放たれる笑い声然とした笑い声がラジオに彩りを与える。
恋愛の話になると「たくあんの彼女は……、あ、いねえか」というオチに使われるのが定番。

タカハシは高校の軽音楽部の先輩。あお馬クソは後輩。
タグマは同期でバンドをやってきた(パートはギター)。
イノワキドリアンとはエビクラゲ結成前からtwitterで大喜利をしていた。
ノブともやっていたが結成後に初めて会う。

たくあんが登場する記事 & ラジオ一覧はこちら


○ドリアン
ドリアン 朴なネタが得意で、道からズレる他のメンバーたちに安心感を与える。
名前を間違えるのが定番になっており、Dから始まる適当な名前で呼ばれる。
アドリブで歌う流れになるとテンションが跳ね上がる。

イノワキタグマとは高校の同期、あお馬クソは後輩で
エビクラゲ結成前からtwitterで大喜利をしていた。
ノブともやっていたが結成後に初めて会う。
タカハシは高校の先輩だが在学中に絡みなし。

 


ドリアンが登場する記事 & ラジオ一覧はこちら


○セワシ
ドリアン 人しか知り合いがいないのにボケるために途中加入してきた勇者。
独特の視点でなされるコメントは他のメンバーの回答に彩りを与える。
童顔だが頭髪の在庫が怪しい。

とは大学のゼミが同じ。
タグマノブも同じ学科だがほぼ話したことがなかった。
すでに馴染みに馴染んでいる。


セワシが登場する記事 & ラジオ一覧はこちら


○原
原興、ツッコミ、歌、イラスト、顔芸など
あらゆる側面で優れた結果を出すアベレージヒッター。
口が悪すぎて時々本当にちょっと怖がられている。

タグマノブセワシと同じ学科。
イノワキドリアンたくあん馬クソとはエビクラゲ結成前からtwitterで大喜利をしていた。
結成後に初めて顔を合わせる。

 

 

 



原が登場する記事 & ラジオ一覧はこちら


 ○ノブ

一関西弁を使いこなす。
大喜利から逸れた流れが生まれそうな時に真っ先に乗っかって大事件にする。
番組内で髪型が良すぎると散々いじられて以来その髪型にしてこない。

タグマセワシと同じ学科。
イノワキドリアンたくあん馬クソとはエビクラゲ結成前からtwitterで大喜利をしていた。
結成後に初めて顔を合わせる。



○拓

こで仕入れたかわからない知識を用いた長文ネタが持ち味。
教養に溢れており、社会的であり、回答が勉強になる。
会社への文句しか言わないロボットに成り下がっていたが転職に成功した。

2個年上に暴言を吐いても即座に1個年上の誰かの名前を唱えれば許されるという
エビクラゲ内のルールによってタグマ世代から対タカハシ用の壁として用いられている。
たくあん馬クソあおなどと同じく軽音楽部出身(ベース)。
ノブセワシと大学は同じ。




○あお
タカハシ
く滑るだけではなくあらゆる面でポンコツというエビクラゲ負の遺産。
かわいい系でいこうと思っているフシがある。
たまに面白いことを言うと周りが「しまった」という顔で笑う。

タカハシたくあんタグマは高校の軽音楽部の先輩。
馬クソは同期で今もバンドを続けている(パートはボーカル&ドラム)。
イノワキドリアンとはエビクラゲ結成前からtwitterで大喜利をしていた。
ノブともやっていたが結成後に初めて会う。



○こまっつー

大学に行かずに山に登っている。
積極的に治験を受ける立派なモルモット。
書道を嗜み、番組タイトルロゴなどを手がける。

前々からtwitterが面白いとメンバーに注目されていたので
イノワキが同じ大学出身という縁を利用してエビクラゲに引っ張りこまれた元リスナー。
最年少だがまだ大学に在籍しているのが不思議な年齢である。